出来上がった料理の目に見える油部分をカット!

中性脂肪意外に特別な問題を体に抱えていないようなら、明らかに目に見える油だけをカットする方針でゆくのはいかがでしょうか。

できあがった料理の中には目に見えない多くの油脂分が含まれているでしょうが、原材料や調味料に至るまでその成分を分析するのは専門家でない限り、きっちり把握するのは難しく考えただけで嫌になります。

ですから料理が作られる過程のことは考えずに出来上がった料理の目に見える油分だけを省くようにします。
例えばトーストでいうならバターやマーガリンといった類のものは塗らない。

サラダの場合はマヨーネーズや高脂肪のドレッシングをかけないか、かけてもごく少量にとどめる。

天ぷらそばを食べてたのなら天ぷらだけやめて他のものを付け合わせにする、ステーキ肉の縁に付いてる脂肪部分は残すといった具合に。

はじめは味気ないような物足りないような感じがするでしょうが、方法としては簡単でとっかかりやすいと思います。
できればその時一緒に糖分の多い甘いものは摂らないようにします。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ