正常な中性脂肪の範囲

中性脂肪は血液検査で測定します。
空腹時に測った血液中に含まれる数値が 50~149mg/dlの範囲であれば正常値です。
これを基準値として健康上問題かどうかの診断をするそうです。
血液検査の結果、「中性脂肪」「トリグラセライド」「TG」といった名前で表示されている項目を見ることで
自分の検査値を知ることができます。

中性脂肪の基準値は150mg/dl未満なので それ以上の高値である場合は脂質異常症と診断されます。
脂質異常症とは高脂血症と呼ばれていた疾患のことで、血液中のコレステロールや中性脂肪といった脂質が多過ぎる病気です。
中性脂肪が少な過ぎるのも問題です。体に必要なビタミンA・ビタミンE、必須脂肪酸が少なくるので 
抵抗力が落ち 病気になりやすくなるし、体力も落ちてきます。

中性脂肪は高くても低くても身体によくないので 
体調が優れない方は 内科できちんと診断してもらうことをお勧めします。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ