生活リズムに合わせて

中性脂肪が気になりはじめる年齢、「中年」という年ごろは、何歳くらいからだろうと考えてみました。

40歳になった頃にはそういうことを意識していたようで、客観的に見ても30代ならぎりぎりでもまだ「若い」イメージがするもの、翌年に一つ年齢がプラスになってから
身体の体質も代謝がゆるやかになっていくそうです。

それまでと同じ分量、カロリーで食事をし動いているのにふっくらしてきた、太りやすくなったみたいだと、中年太りというのも代謝のゆるやかさ、そういったことから言われることなんですね。

太りやすいという体質から考えてみると、摂取した栄養分をそのままきちんと吸収できたからこそ、中性脂肪になってしまったんだなと考えます。
ふっくら、ふくよかなのも温かみがあってよいですが、これからの中高年という年齢をのりきるのに血圧など気にされる人ならば、健康を心がけたいと思いますよね。

体重計や体脂肪計ではかると体脂肪率がでてきますが、筋肉がきっちりついてる人は数値が低く、摂取したカロリーを消費しやすい身体は筋肉、筋力がきちんとしている身体だと思います。

食事でカロリーや脂肪分、糖分を少しずつ減らしながら、歩く量を増やしたり、生活リズムに合った筋トレしてみることだと思います。
肩に力いれてというのでなく、自分の生活に合った方法、できることから始めるのがいいでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ