血管年齢を調べましょう

中性脂肪は、動脈硬化を促進すると言われています。
動脈硬化とは、動脈血管壁にコレステロールなどの脂質が沈着し、
血管の細胞が増殖したりして、血管が弾力を失い、
硬化すると共に内腔が狭くなる状態です。

高血圧の人、血清脂質の異常のある人、喫煙をしている人、
糖尿病の人、肥満の人などは、動脈硬化がより起こりやすいと言われています。

動脈硬化の進行を放置すると、心臓に酸素や栄養を供給している
冠動脈に起これば、狭心症や心筋梗塞を引き起こし、
脳の血管がもろくなれば、脳出血、
詰まれば、脳梗塞を引き起こし、
足の動脈に起これば、下肢の壊死につながる可能性があります。

この動脈硬化を測定する検査が、短時間ですることが可能です。
血管の硬さと狭窄を検査できます。
痛みは全くなく、腕と足首に血圧計を巻くだけです。
自分の血管年齢を知っておくことも病気の予防になりますね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ