冬にみかんを食べる理由

朝晩すっかり寒くなり、夜は足の冷えがひどくなってきました。
靴下はもちろん、レッグウォーマーも欠かせません。
足の冷えは年々ひどくなっている気がします。
足の冷えは、血の巡りが悪くなっていることによって起こります。
足の指先をもみほぐしたり、血流を促す足のツボを押して、
血の巡りを良くしていきたいですね。

みかんやゆずなどの柑橘類には血行を良くしたり、
風邪の予防に有効な成分が含まれています。
柑橘類と言えば、ビタミンCですが、ヘスペリジンという成分も、
毛細血管を強化して血流を良くする働きがあります。

このヘスペリジンは、それだけでなく、中性脂肪分解作用もあると言われています。
1度できてしまうとなかなか落とせない「セルライト」も、
末梢血管の血流改善作用により予防してくれる優れものです。

これからの季節、みかんは店頭に多く並ぶ時期です。
1日1個のみかんを食べて、美容にも中性脂肪にも期待したいと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ