太りにくい体質を作る杜仲茶

花粉症対策として、杜仲茶を飲んでいるのですが、杜仲茶は中性脂肪を下げてくれる効果もあるそうですね。
知りませんでした。

杜仲茶には、ゲニポシド酸という成分が含まれており、このゲニポシド酸は、大腸や小腸に働きかけ、コレステロールや中性脂肪の吸収を抑えてくれる効果があるそうなのです。

ゲニポシド酸の効果を得るためには、しっかりとお茶を煮出すことが大切のようです。
ペットボトル飲料としても販売されていますが、ティーパックや茶葉など、煮出しして作る場合は、できるだけ濃いめのものを作ると良いです。
濃く煮出すほど効果が期待できるみたいです。
しかし、濃すぎると渋みが強くなり、飲みにくくなるので注意も必要です。

1リットルの水に対し、杜仲茶葉3gで10分~15分ほどを弱火で煮出す方法が、ベストみたいです。
毎日のお茶で、花粉症にも中性脂肪にも効果があるなんて嬉しいですね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ