内蔵の中に溜まった脂肪を減らしてみよう

今年の健康診断での結果はどうなったでしょうか?
「中性脂肪」は簡単に説明すると、内蔵の中に白い脂がくっついて、それを体の外に排出するというものはどうしたらいいか、わからないままお腹がぽっこりと出ている方が多いですね。
運動や食事の量を減らしてダイエットをしても、そのお腹の部分が引っ込まないのだとしたら、かなりの量の脂肪がその内蔵の中に溜まっているのです。
最近はドラッグストアにそういった脂肪を減らすサプリメントのようなものが多く出回っていますが、実際は効果はどうなのでしょうか。
私は逆に減らすことも大切だと思いますが、まずはこれ以上その「中性脂肪」を増やさないようにすることが良いと思います。

原因の第一はアルコールの摂取ともいわれていますが、何かを我慢して減らすよりも「楽しく」減らすことが1番の長続きです。

まずは、自分がどれだけ何を食べているのか一度思い出しながらメモを取ってみて、何が原因なのかを深く探ってきちんと改善しないと何がいけないのか、など、目標を持つことが大切なことです。食事の量を減らすことが、中性脂肪を減らすことにはなりません。
仕事で疲れて帰宅して、ストレスから多く食べ過ぎていないか、過食や間食をしていないか、色々な原因が見つかります。

そしてよくいわれる「適度な運動」は、出来れば夕食は少なめに食べて、少し休憩をとったら家族と散歩をまずは20分くらいから始めて、だんだん1時間くらいに増やしていくのを持続してみてはどうでしょうか?
走ったり、ジムに通うのも自分のライフスタイルに合わせて挑戦してみるのもいいですね。
ただ、なかなか難しく、生活の改善を行うには「歩く」ことが1番なのです。

歩きながら、家内とおしゃべりをしたり、テレビを見ているよりも会話をすることでお互い今まで以上にライフスタイルにも変化が出てくるかもしれません。

焦って減らすと体への負担が大きいので、個人的に我流で減らすのはオススメできません。
本気で減らすなら、今では専門医なども増えてきているので、もし血液検査の項目に「再検査」と出た場合はまずは内科でもう一度診てもらい、医者からのアドバイスをもらうのもいいでしょう。
将来的に考えて、病気にはなりたくないものです。

糖尿病予備軍になる前に、きちんと自己管理出来る人になりましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ