生活習慣を改善して中性脂肪を減らそう

中性脂肪は、血液検査ではTG(トリグリセリド)という項目で高いか低いかを判断します。

中性脂肪が高い状態が続くと、動脈硬化が進み、動脈硬化が進むと、心筋梗塞や脳梗塞など、血管が詰まってしまう病に冒されるリスクが高くなります。

そのため、元気に長生きしようと思ったら、検査値が高い場合は、基準値まで下げる必要があります。

中性脂肪は食生活の改善で、ある程度減らすことができます。

脂身の多いお肉は中性脂肪を増やし、青魚に含まれるDHA、EPAは、中性脂肪を減らす働きがあると言われています。
お肉中心の食生活を送っている場合は、青魚を食べる頻度を増やしてみると良いと思います。
食物繊維を多く含む食品も、中性脂肪を減らすには良いようです。

中性脂肪を減らすには、食生活の改善とともに、運動も必要です。
運動をすると、中性脂肪がエネルギーとして利用されるので、減っていきます。
毎日ジョギングやウォーキングをするなど、無理のない程度の運動を続けてくことが大事です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ