中性脂肪が高くなる原因とそれを下げるための食生活について

中性脂肪は数値が高くなると動脈硬化や心筋梗塞、そして脳梗塞を引き起こす要因となります。

中性脂肪が高くなる原因は、脂質の多い食生活、喫煙、ストレス、運動不足、アルコ-ルの過剰摂取などがあげられます。

高くなってしまった中性脂肪を下げるには、こうした原因を取り除いていけばよいのです。

その中でも、食生活について掘り下げてみると、肉類や油もの、インスタント食品やレトルトなどは極力避けることです。

反対に積極的に摂取したいのがまず青魚です。
青魚にはEPAやDHAなど中性脂肪を減らす効果のあるものが豊富に含まれています。
特にイワシやサンマなどはこれらの成分を豊富に含んでいるので積極的に摂取しましょう。

また海藻類や根菜類にきのこ類や豆類も中性脂肪を減らす作用があります。
こうした食事を見ていくと、日本古来の和食がとても効果があると言えるでしょう。

要は欧米型の食生活を改め、和食の食生活にしていけば良いわけです。

あまりガチガチに管理しすぎても、ストレスをためてしまい長続きしないので、たまには息抜きをしつつ、中性脂肪を下げる生活に取り組んでいきましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ