中性脂肪値を低くするおすすめの食事の紹介

中性脂肪値とは、血液中の中性脂肪の値のことです。
中性脂肪値が高いと動脈硬化を進めてしまい最悪の場合、心筋梗塞などになってしまいます。
そうならないように、中性脂肪値が高いと指摘されたら、まず食生を見直してみましょう。

昔は、白米を食べることはほとんどありませんでしたが現代食は、きちんと精米された白米に白パンを主食に食べています。

精製された穀類は、中性脂肪の合成を促してしまうのです。
おすすめしたいのは玄米食や雑穀米、雑穀パンなどです。
精製度の低い穀類を食べるように心がけるといいですね。

また、きのこや海藻類など食物繊維の多い食品やEPAを含む青背の魚などそして野菜類は、おすすめの食品です。

そして、やはり忘れてはならないのは油脂や脂肪を多く含む食品の摂取を控えることです。
バターや肉の脂身など、とりすぎは禁物です。

食生活の見直しとともにぜひ実践してみたいのが運動です。
体を適宜に毎日動かして健康な体を維持しましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ