中性脂肪を増やさないための炭水化物ダイエット

中性脂肪を減らす対策として、話題になっている炭水化物ダイエットを強くおすすめします。

中性脂肪が多いと悩まれたり診断される方には、お腹まわりについた贅肉や体型を気にされている方がとても多いです。

そもそもの中性脂肪とは、体に予備燃料として蓄えられている脂肪のことです。決してあることが問題ではないのですが、この中性脂肪が使われずに貯まる一方であることが問題です。

そして中性脂肪を貯めてしまう人に共通するのが、脂っっぽい食事やお菓子が好きな人が多いようです。

脂肪やダイエットにはなんとなく糖分や油がよくないイメージがあるので、この部分から手をつけようとする人が多いです。

しかし中性脂肪をまず増やさないようにするには、炭水化物の摂取と分解にポイントがあります。
炭水化物は摂取したすぐ後からインスリンの量が上昇します。
いわゆる血糖値が上がるというやつです。

インスリンは炭水化物を消化するのに大切な役割を果たしますが、過剰な分泌はすい臓に負担をかけてしまいます。

また炭水化物を大量に食べてしまうとインスリンの機能不全を引き起こしやすく、働きが鈍くなってしまいます。

そうして上手く使われなかった炭水化物が、巡り巡って中性脂肪になるという悪循環ができてしまいます。

つまりインスリンの分泌適を切に保ち、インスリンの働きを効率化することが中性脂肪を増やさないために着目すべきポイントです。

そのためには、中性脂肪のもととなる炭水化物を抑えることと、インスリンの働きを妨げる過剰摂取が防げる炭水化物ダイエットに大きな効果が見込めるというわけです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ