中性脂肪の蓄積を抑えるチーズ

yun_11546
チーズって中性脂肪が高くなりそう・・・と思っていたんですけど
チーズを食べると 中性脂肪値と総コレステロール値が低下し
内臓脂肪が減少するんだそうです。
2006年、雪印乳業がラットによる試験で明らかにしています。

国産のゴーダチーズを配合した餌をラットに与えると
中性脂肪と総コレステロールの濃度が、チーズ以外の餌を食べたラットに比べて低下したようです。
腸管の間に蓄積する 内臓脂肪の量も減少するそうです。

チーズを取ると 血液の中のアディポネクチンという成分の濃度も保たれるようです。
アディポネクチンは 脂肪細胞が分泌するたんぱく質で
血管が傷ついているとすぐに修復させる働きを持っているので 血管を健康に保つことができます。
チーズを食べることによって
メタボリックシンドロームや循環器系疾患の予防にもなる訳です。

なんだかチーズのイメージが がらりと変わりました。
おつまみには なるべくチーズを選んでみようと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ