中性脂肪を下げる不飽和脂肪酸

今日は中性脂肪を下げると言われている不飽和脂肪酸について調べてみました。

不飽和脂肪酸は、脂質の材料で エネルギー源や身体の構成成分となるほかに
血中の中性脂肪やコレステロールの量の調節を助ける働きがあります。
脳神経の発達やアレルギー症状の緩和を助ける働きを持っている不飽和脂肪酸もあります。
不飽和脂肪酸は、一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸に分けられ
多価不飽和脂肪酸には、更にn-3系脂肪酸、n-6系脂肪酸などの種類があるそうです。

不飽和脂肪酸を取りすぎると、肥満の原因なります。
n-3系脂肪酸の取りすぎは、げっぷ、吐き気、鼻血、軟便の原因に
n-6系脂肪酸の取りすぎは、動脈硬化、脂質異常症、アレルギー症状の悪化の原因になります。
逆に少なすぎると 発育不良・皮膚炎・心筋梗塞・脳梗塞の原因になるそうです。

不飽和脂肪酸を多く含む食品の一例です。
オリーブ油・なたね油・落花生油・マカダミア油・えごま脂
まぐろ・さんま・さば・いわし・さけ・ナッツ・車エビ・イカ・マーガリン
これらの食品を、多すぎず少なすぎず バランス良く取るのがお勧めです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ