中性脂肪を下げるお薬

中性脂肪の値を下げるための方法として薬物療法があります。

そこで、処方されるお薬を調べてみました。

1.ニコチン酸誘導体・・・脂肪酸が集まって中性脂肪になるのを妨げる働きがあります。
2.フィブラート系薬・・・中性脂肪の合成を抑制する働きがあります。
3.イコサペント酸・・・・血小板の働きを抑制して固まるのを防ぎます。

病院では、すぐにお薬が処方されるわけではなく
生活習慣を改善するための生活指導&食事療法などを勧められることが多いようです。
薬の効果を確かめるために、定期的に採血検査をします。
食事療法を何ヶ月か続けても数値が下がらない場合、医師の判断によって薬の処方が検討されるようです。

また漢方薬にも中性脂肪を下げるものがあります。
漢方はあまり即効性がありませんが、毎日飲み続けることによって、根本的な体質の改善が期待できます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ