とろろ昆布が中性脂肪を下げる

昆布には、ミネラル分や食物繊維が豊富に入っているのでとてもヘルシーな食材です。
しかも、中性脂肪をさげる効果もあるので生活習慣病を予防するためにも役立ちます。
その昆布の中でも特に効果が高いのが「とろろ昆布」です。

フジッコと東京海洋大学大学院の教授とによる共同研究の結果
とろろ昆布に「血中中性脂肪上昇抑制の作用があることが判明した」そうです。

とろろ昆布は、昆布を酢に漬けて、表面を柔らかくて薄く削った昆布のことです。
昆布を切削することで昆布の細胞が細かくなるので、普通の昆布より水溶性食物繊維を取り入れやすくなります。
水溶性食物繊維には、中性脂肪が高くなるのを抑制する働きがあるので
血中中性脂肪上昇抑制の作用が高くなる訳です。

お吸い物に入れたり、お魚と一緒にホイル焼きにしたり色々と応用がききますので
毎日の食卓に上手に登場させてくださいね。
簡単に食べる事が出来る、かなりお勧めな中性脂肪対策食材です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ