中性脂肪と血管年齢の関係

健康診断などで血液検査をして中性脂肪の値が150mg以上だった場合
なるべく早く対策が必要になります。
中性脂肪というものは、体にはなくてはならないものなのですが
必要以上に増えすぎてしまうと、肥満になったり動脈硬化になるのを早めてしまったりします。
中性脂肪が増えすぎると血管年齢にも悪影響があるのです。
動脈硬化は、血管の老化現象から起こります。
血管壁が硬くなってしまって厚みを増し、血液の通りが悪くなっていきます。
それがどんどん進行すると血管が詰まったり破れたりします。
それ以外にも、脂肪肝などのトラブルも招いてしまいます。
健康を回復するためにも早急に対策が必要ということです。

肥満体型の方は、まず肥満を改善していくところから始めなければなりません。
脂っぽい食生活が問題になっているという場合が多いので
少しずつでもきちんとした食生活になるようを見直しが必要です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ