夏は豆腐で中性脂肪対策

暑い日が続いていますね。
こんな日にお勧めな中性脂肪対策が「冷奴」です。

豆腐は、良質のたんぱく質を含んでいます。
他にもビタミンB1・ビタミンE・カルシウム・鉄など 体に必要な栄養素も豊富です。
しかも、大豆たんぱくの成分であるグリシニンには、コレステロールや中性脂肪を下げる効果があるのです。
大豆サポニンは、不飽和脂肪酸の体内での酸化を防ぎますし
イソフラボンが、女性ホルモンと似た働きをして骨粗しょう症・更年期障害を予防することもできます。

豆腐の他にも大豆で出来た食べ物はたくさんありますね。
納豆、おから、豆腐、油揚げ、豆乳、きな粉、厚揚げ すべて身近な食品です。
豆腐であれば、麻婆豆腐・味噌汁・湯豆腐・炒り豆腐・鍋物
今の暑い季節には やはり 冷奴がお勧めですね。
豆乳やきなこはデザートとして取ることも出来ます。 
大豆そのものを食べるより、豆腐を食べるほうが消化吸収が良いですし
調理しなくてもそのまま手軽に食べられて便利な食材です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ