中性脂肪とコレステロールの働き

コレステロールと中性脂肪って同じものかと思っていたのですが、
どうやら体の中での働き方に違いがあるみたいですね。

中性脂肪は、体の中にあるエネルギー源であり、運動する際に使われています。

コレステロールは、体内の細胞膜や、副腎皮質ホルモンなどの素になります。

そしてコレステロールには、悪玉コレステロールと、善玉コレステロールがあり、
悪玉コレステロールは、血管に張り付いて血流を阻害するのですが、
善玉コレステロールは、その張り付いた悪玉コレステロールをはがして、
血流を良くする作用を持っています。

善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らすには、
やはり脂質や塩分を減らさなければなりません。
中性脂肪が増えると、悪玉コレステロールが増えて、
善玉コレステロールが減ってしまうので、
中性脂肪を下げることが善玉コレステロールを増やすことにつながります。

中性脂肪を上手に下げて、コレステロールもコントロールしていきましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ