中性脂肪は早めに対処

中性脂肪が高い、と聞くと中年のおじさんをイメージする人が多いと思いますが、
近年では、年齢も男性は30代頃から、女性は40代頃から増えていっているのだそうです。

中性脂肪値が高いのは、糖尿病の引き金になったり、
動脈硬化の恐れがあるので気をつけなければいけません。

中性脂肪が高くなるのは、食べ物でのエネルギー摂取が、
体で消費できなかった残り分のエネルギーを、
肝臓で脂肪に替え、蓄えてしまうことが原因です。

中性脂肪が正常値を超えてしまうと、肝臓にたまりやすくなり、
脂肪肝になることもあります。中
性脂肪血値が軽症の場合は、適度な運動で体を動かせば、正常値に戻ります。
中等症、重症の場合は、病院へ行って薬などの本格的治療が必要となります。

また、喫煙や過度のストレスなども中性脂肪が高くなる原因となり、
年齢を重ねるごとに蓄積されやすくなるので気をつけましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ