バターと中性脂肪の関係

毎朝、パンに塗って食べているバターですが、動物性油脂から作られています。
動物性油脂には、飽和脂肪酸と呼ばれる脂肪酸が多く含まれ、
食べ過ぎると中性脂肪や悪玉コレステロールを増やしてしまいます。

バターには、ビタミンAをはじめとする栄養素が豊富に含まれていますが、
バター100g中の脂質は約80%を占め、ほとんどが脂肪です。
たくさん摂取すれば中性脂肪の蓄積に直結し、
動物性油脂類は分解に時間がかかるため、肝臓への負担が大きくなります。

理想の油脂類摂取比率は、動物性脂肪を40%、植物性脂肪を50%、魚の油が10%です。
動物性油脂は摂りすぎに注意し、植物性油脂は不足しないように、
そして魚の油は積極的に摂ることを心がけましょう。

魚は、肉類と同じ動物性食品なのですが、
中性脂肪やコレステロールを増やす飽和脂肪酸量が少なく、
逆に中性脂肪を減らす働きのあるEPAやDHAを多く含んでいるので、
中性脂肪値を低下させるだけでなく、善玉コレステロールを増やし、
血液をサラサラにしてくれます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ