夜食の時間と中性脂肪

秋の夜長、夜更かしをしていると、
ついつい夜食に手が伸びます。
いけないのはわかっていても、
食べてしまうんですよね。

夕食を食べた後から寝るまでの時間が、
長くなればなるほど、お腹が空いてきます。
そしてスナック菓子やラーメンを、
買い置きしてあるからダメなんですよね。
わかっているんです、誘惑に負けるのは。

私たちの体は、昼は消化能力が高まっています。
夜は、吸収能力が高まっています。
ですから、夜に食べ物を摂取して寝てしまうと、
エネルギーは消費されることなく、
中性脂肪として蓄積されてしまうのです。

寝る時には、胃の中には食べ物がない状態が好ましいのです。
寝る前の2~3時間前には、最後の食事を終わらせておく必要があります。
夜中の2時に寝るから、11時に食べても大丈夫、というわけではありません。
就寝時間は11時くらいの、規則正しい生活こそが
胃にも中性脂肪にも優しいということです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ