中性脂肪に効く腹八分目

秋と言えば、「食欲の秋」。
季節のおいしいものが出始め、
ついつい食べ過ぎてしまいます。

食べたものが体内で燃焼できなかったものは、
中性脂肪として溜まっていきます。
これが血管に付着すれば、
動脈硬化や高血圧症の根源になります。
食べたものが体内で燃焼できるくらいの量にすることが大切です。

食欲の秋だからと言って、いつもお腹いっぱいに
食べていては、脂肪が溜まるばかりです。
「腹、八分目」という言葉がありますが、
気持ち、控えるだけで違ってきます。

また、食べ過ぎを防ぐためには、食事の前に
温かいスープを飲むと胃が落ち着いたり、
食事もよく噛んでゆっくり味わうことにより、
唾液がたくさん分泌され、少ない量の食事でも
満腹感を感じることができます。
おいしいものをゆっくり時間をかけて食べることで、
心にもゆとりが生まれ、身体にも優しいと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ