中性脂肪を減らすのは夏?冬?

人間の体は冬になると、体温を保とうとして脂肪を蓄えます。
つまりは、冬にダイエットは無理だということですよね。
そうだと思っていました。それが実は間違いだそうで、
夏場の汗は、どれくらい出ようとも、水分が出ているだけで、
脂肪が減っているわけではないのだそうです。

暑いと、体内で熱を生産する必要性が薄まるので、脂肪が燃焼しなくなるのです。
脂肪を燃焼させることを考えるなら、体内で熱を生産する必要性が
高くなる寒い季節、冬が最適だと言うのです。

汗が出始めたころが、体の中でようやく脂肪が燃え始める、と聞いています。
しかし、汗が流れなくても、体内では寒さに対抗するため、
常に熱を生産し、脂肪が燃焼されているのです。

ダイエットでは、汗をたくさん流した方が、体重も落ちやすいと
思っていたのですが、それは、水分が減った分の一時的な体重減であって、
体内で熱を作ることが結果、脂肪を燃やすことになるのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ