中性脂肪が重宝される季節

11月に入った途端、一気に寒くなりました。
特に朝は布団から出られなくなるし、座っての仕事は足元から冷えてきます。

夏場は積極的に中性脂肪を落とそうと思いますが、冬場は中性脂肪が寒さから体を守ってくれるので、ついつい蓄えてしまいます。

痩せている人に比べて、太っている人の方が寒さに強く、暑さに弱いのは中性脂肪の量に関係があるのです。
中性脂肪と聞くと、あまりいいイメージではありませんが、体にとっては必要な脂肪でもあるので、冬場の中性脂肪は悪者ではありません。

中性脂肪が少ない人は、体を保温する効果が少ないので、体温が低めという傾向もあるそうです。
体温が低くなると、代謝も悪くなり、冷え性の原因になったり、その冷え性から様々なトラブルを引き起こすこともあるので、冬場の適度な中性脂肪は保ちたいですね。もちろん多すぎることは悪影響ですよ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ