食生活の改善で中性脂肪を減らすことができる

中性脂肪は人が生きていくうえで絶対に必要なものですが、中性脂肪値が高すぎるのは良くありません。

健康診断などで血液検査をした結果、中性脂肪値(GT値)が150mg/dl以上あると高いと診断されます。
ただ、中性脂肪は増えても自覚症状がなくて、普通に生活していたら気がつかないでいることが多いです。

しかし、中性脂肪が増えると善玉コレステロール(HDL)が減ってしまい、悪玉コレステロール(LDL)が増えて動脈硬化の原因になります。
動脈硬化になると、心筋梗塞や脳梗塞などの重度の疾患原因になりかねないので、そう考えるとやはり減らしたほうが良いようです。

中性脂肪値が高くなってしまった原因は、食生活の乱れにあります。
偏食気味で、バランスが悪い食生活を送ることにより中性脂肪は増えるのです。
偏った食生活を少しでも改善させると、中性脂肪を減らすことが十分に期待できます。

また、最近になって中性脂肪値を下げる特定保健用食品(トクホ)なども多く販売されていますので、利用するのも良いでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ