中性脂肪とはどのようなものか

中性脂肪は、体内にある脂肪の一種で、体にとっては効率的なエネルギー源です。
余分なエネルギーはほとんどがこの中性脂肪の形で体内に蓄えられ、エネルギーが不足した場合には利用されます。
また皮下脂肪のほとんどは、中性脂肪です。
皮下脂肪は、体を衝撃から守ったり、体の熱を逃がさない、保温の役目、エネルギーの蓄えの役目があります。

しかし、この蓄えが多くなりすぎると、皮下脂肪が増え、肥満や、また内臓について、脂肪肝の原因になります。
肥満した人は、脂肪組織から血液の中に、仲裁脂肪が放出され、いわゆる、どろどろ血液状態になってしまいます。
これが原因で、血管の壁に、こびりつき動脈硬化の原因となってしまいます。

中性脂肪の基準値を、上回る原因に、食べ過ぎ、アルコールの飲み過ぎがあげられます。
また中性脂肪が増えると、動脈硬化を防ぐ善玉コレステロールが減ってしまいます。

中性脂肪の値の高い病気として高脂血症、肥満症、脂肪肝、動脈硬化、糖尿病、甲状腺機能低下症 があげられます。

いわゆる、生活習慣病と呼ばれるものの原因が、この中性脂肪であることが多く、食べ過ぎ飲み過ぎが原因であることから普段からの食生活の改善と、適度な運動で、エネルギーを消費して、余分な中性脂肪をため込まない、規則正しい生活をする必要があります。
運動も、突然無理なハードな運動をするというよりも、毎日良く歩くことから、始めてみましょう。
食事も、ビタミンの摂取、食物繊維の摂取に気を配り、野菜、果物をたっぷり食べるようにします。
特に、おなじみのたまねぎなど、身近な野菜でも、多くの効果を得ることが出来ます。
ペクチンを含む野菜や果物をたべると、満腹感があり、食べ過ぎにならない効果があります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ