いつの間にか増えてしまう中性脂肪と対策法

私は病気で身体障がい者になったのが原因で、仕事を辞め部屋でゴロゴロする日が2年ほど続きました。

外見はそれほど変化ないつもりだったのですが、63キロだった体重がいつの間にか79キロになり、ウェストも明らかに太くなっていました。

そんな時、幸か不幸か椎間板ヘルニアで整形外科に通院する事になり血液検査を受けたところ、中性脂肪値が異常に高いことを指摘されEPA製材を処方されました。

血液検査は2か月ごとに受けていたのですが、思うように値が下がりません。

そんな折、医師から散歩などでカロリーを消費する必要があると言われたのですが、私の体幹機能障がい(体のバランスがうまく取れず、立っている時や歩行時に体がふらつく)を改めて説明すると、「スイミングプールで歩くと良い」と勧められました。それ以前にも食事には気を付けて摂取カロリーの少ないように注意していたのですが、それでもカロリー摂取量のほうが多かったらしく効果ありませんでした。

早速毎日2時間ほどのプール通いを始めました。初めは歩くだけでしたが次第に泳ぐ事もはじめ、約3か月後の血液検査で中性脂肪値が許容範囲内に収まっていた時はとても嬉しかったことを覚えています。
 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ