中性脂肪の高値は短命。頭や心臓の血管が詰まってしまう

中性脂肪の高値は寿命を短くします。

長生きするにはどうしたらいいのか、だれもが知りたい、分かりたいことではないでしょうか。
糖尿病患者では、早朝空腹時に中性脂肪150mg/dl未満であることが望まれます。

中性脂肪やコレスレロール値が異常値を示すと、脂質異常症と診断され、治療が始まります。

動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞などの血管系のイベントを回避するためにはコレステロール治療薬の内服をすすめられますが、自覚症状がないのに医師から服薬をすすめられてもなかなか納得できないもの。

食事や運動でなんとかなるなら実践しようと思う患者も多いです。

しかし、長い目をみればコレステロール治療薬を内服して、血管の詰まりを回避できる可能性があるのであれば、処方していただき決められた容量、用法を守って服薬治療にて長生きできればよいという考え方も一つです。

しかし、医療費がかかったり、病院に通院する時間もかかりますし、継続しなければ意味がなく、副作用の心配もあるのがデメリットと考えます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ