中性脂肪を減らすためには魚中心の食生活に切り替えましょう

魚や野菜を食べていた以前と比べると最近の日本人は食生活の欧米化により肉類や油っこい物を食べる機会が増えてきました。

それにより健康診断で中性脂肪値が高いことを指摘される人が増え、放置しておくと生活習慣病を引き起こしかねません。

そこでおすすめなのが「魚」を食べることです。

特にイワシ、サバなどの青魚に含まれている「DHA」や「EPA」という栄養素を摂取することをおすすめします。

そもそも中性脂肪値が高いということは血液がドロドロになっている状態であり、DHAやEPAは血液をサラサラにする効果があるのです。

その他にも両者にはアレルギー症状を改善したり、学習能力を高める効果も期待できるのです。

厚生労働省によると両者は1日1000㎎(1g)は摂取したいと言われており、これを魚だけで摂取するとかなりの量を食べる必要があります。

そこで最近ではDHAやEPAが摂取できるサプリメントやドリンクも販売されていますので食事と共に上手に利用するようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ