中性脂肪ができてしまう、様々な原因 。自分次第で中性脂肪はなくなります。

中性脂肪は様々な原因があります。
1つ目は、毎日の食事です。

中性脂肪に大きく関係する毎日の食事は、バランス良く食べているか、野菜不足になっていないか、肉ばかり食べていて、魚をあまり食べていないということはないか。

脂身の多い肉、高コレステロールの卵、油を多く使った揚げ物など、限度を超え、多くとりすぎてしまうと、中性脂肪を消費できずに、ためこんでしまいます。

2つ目は、運動不足てます。
適度な運動は、中性脂肪を溜め込まない体作りに最適で、肥満の予防にもなります。

3つ目は喫煙です。
喫煙は百害あって一利なしです。
喫煙は血管の収縮を促し、赤血球が酸素と結び付く邪魔をします。
その結果、ドロドロの血液になり、さびついた血液型になってしまいまさす。

4つ目は、アルコール摂取過多です。
適度なアルコール摂取は、薬にもなりますが、過度な摂取は中性脂肪の消化を邪魔します。

中性脂肪は肝臓で作られますが、アルコール摂取によって、肝機能の低下を招いてしまいます。
このようなことが原因で、中性脂肪になりやすくなってしまいます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ