中性脂肪とコレステロールの違いとは?

「中性脂肪」と「コレステロール」。

どちらも体内に溜めてしまっては良くないものというのはわかるのですが、
一緒にされがちなこの二つはどう違うのでしょう?

中性脂肪は、肪酸のグリセリンエステルを指します。
エネルギーを体内に貯蔵するためのもので、運動をする際などに使われます。
身体の熱になるものですね。
私たちの皮下脂肪は、そのほとんどが中性脂肪です。
血液中の中性脂肪が過剰に増えた状態を「高中性脂肪血症」といいます。

一方、コレステロールはステロイドに分類されます。
体内の細胞膜や、性ホルモン、副腎皮質ホルモンなどの元になるものです。

コレステロールは運動では直接燃焼しないので厄介だと思われがちですが、
多くのコレステロールの問題は、コレステロール自体の多さが原因ではなく、
それをコントロールする機能の低下によるものが多いです。

どちらも同じ脂肪ではありますが、身体の中でのはたらきに違いがあるのですね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ