中性脂肪に玉ねぎ

玉ねぎには イソアリインという成分が含まれています。
玉ねぎを切った時に涙が出るのは、このイソアリインが作用するからなんだそうです。
イソアリインは、生のまま食べることで 血液中の糖の代謝を活発にし、血糖値を下げる効果があります。
しかも 加熱することで 中性脂肪を下げる効果があるそうです。

玉ねぎを食べる理想の量は 1日に50g
中くらいの玉ねぎ4分の1の量で良いそうです。
それくらいの量なら毎日食べられそうです。

肉じゃが カレー 南蛮漬け ハンバーグ シチュー サラダ 
煮て 炒めて 揚げて それから 生のままでも 美味しく食べられますよね。
しかし 生で食べようとして 辛味をとろうと水にさらすと、水に薬効成分が溶け出してしまいます。
お味噌汁やスープに入れると 溶けだした成分も一緒に食べられるのでいいと思いますよ。

玉ねぎには 血液をサラサラにする成分もありますから
代謝が良くなり 成人病の予防にもなります。
毎日三度の食事 少しの工夫で 健康な生活を手に入れたいと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ