中性脂肪の生成原因と対策並びに改善で健康体に

そもそも中性脂肪と言いますのは、生命活動に必要欠くべからざる三大栄養素の過剰分が、肝臓を通じて体内に蓄積された結果、生成されるものです。

炭水化物の分解により生成されましたグリコーゲンは、生命活動に欠くべからざるエネルギーの源で、大変重要でありますが、過剰分は肝臓で蓄積されその後、中性脂肪となって体内に保持されます。

タンパク質もやはり、いったん、タンパク質合成の素物質でありますアミノ酸に分解され、その後グルコースに化学変化し、中性脂肪として体内に留まります。

脂質も同様で、分解された後のグルコースが、やはり中性脂肪に変化し、体内蓄積致します。

中性脂肪は、一定量までは体内健康維持に重要な役割を担っている訳ですが、規定値を超えますと、低比重リボタンパクコレステロールのLDLを増やしてしまい、このLDLの血管内付着が動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞や脳梗塞といった命に重大な影響を及ぼす病気を引き起こすことが分かっております。

一番の対策は、暴飲暴食をせずに規則正しい生活を送る事だと言えます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ