中性脂肪に効く特定保健用食品とは?

イマークSの中性脂肪を下げる効果を評価

保健機能食品制度は、消費者の方が安心して食生活の状況に応じた食品の選択ができるよう適切な情報提供をする制度で、栄養機能食品と特定保健用食品の2つに分かれる。

そのなかで、特定保健用食品とは、血圧や血中コレステロールなどを正常値に保つためや整腸を助けるために役立つ食品で、からだの生理学的機能に影響を与えるものをいう。

ちょっと難しい話しだったが、血圧やコレステロールが異常になった時には、特定保健用食品を使って正常値に戻す、ちょっとありがたい食品だ。けがをしたわけでもなく、盲腸とかの病気ではないので薬を使ったり手術をするような病気でもない。病気ではないが、まあ病気予備軍といったところかもしれない。

コレステロール値の異常は、まず検査値の高過ぎ、今時、低すぎる人なんていない。食べ過ぎ、運動不足、ストレス、アルコールの飲み過ぎなどで、コレステロール値は上がる一方。値を下げるために自分で努力はなかなかできない。それで、法律まで、健康でいられるように情報を提供してくれる。

最近、コレステロール値のうえに、中性脂肪値の異常が注意喚起されるようになった。中性脂肪も過剰な時には肝臓に蓄積される。放っておくと、生活習慣病や脂肪肝の危険性もあるので、特保を使って正常値に戻す。

サブコンテンツ

このページの先頭へ